このエントリーをはてなブックマークに追加

練馬の果物

練馬の果物、フルーツあれこれ

練馬の果物

練馬区では野菜だけではなく、果物もたくさん栽培していて、収穫したばかりの新鮮な果物を農家さんから直接買うことも出来ます。

しかも、自分で果物を収穫して楽しむことが出来る農園もたくさんあるのです。
遠くへ出かけなくても、23区内で気軽に果物狩りが出来ます。


美容にも良い果物

今、美容と健康に果物を食べるのがいいと話題になっています。

ヘルシーでビタミンが豊富なことから美肌にも良いとされる果物ですが、
生の果物に含まれる酵素の作用で体の中からキレイになるとされています。

練馬区の男性の平均寿命は、81.2歳で、東京23区で第1位、全国でも第5位です。(2005年厚生労働省発表資料より)

これからも練馬区の新鮮な野菜や果物を食べて、美容と健康を促進しましょう。


練馬の果物への取り組み


■練馬区ブルーベリー観光農園
練馬区ブルーベリー観光農園のブルーべりー
練馬区ブルーベリー観光農園「JA東京あおばブルーベリー研究会」が母体となり、2004年に立ち上げられました。

練馬区ブルーベリー観光農園サイトによると、「23区で最大の農地を持つ練馬区では、都市部にある農地の役割を最大限に活かした都市型農業経営への支援に力を入れている。」のだとか。
2012年には20を超える農園でブルーベリー狩りが行われ、大盛況だったとのことです。

【練馬区でブルーベリー農園が人気の理由】
その1 武蔵野の関東ローム層の酸性土壌が成育に適していること。
その2 栽培にあたり農薬の使用を抑えることができるため、住宅が多い都市部でも栽培しやすいこと。
その3 郊外のなし園やぶどう園より遥かに交通の便が良いため、多くの集客が見込めること。
その4 ブルーベリーの木は背が低いことから、幼児でもたくさんの実を摘み取ることができ、家族利用が見込めること。

平成25年度の開園情報は、平成25年7月中旬頃より、練馬区から案内があるそうです。

練馬区ブルーベリー観光農園の問い合わせ先
練馬区産業地域振興部 都市農業課農業振興係
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/nogyo/blueberry/
〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 本庁舎9階
電話:03-5984-1403


「ブルーベリー3兄弟」

ブルーベリー3兄弟は、練馬区ブルーベリー観光農園のイメージキャラクターのクマで、イラストレーターの菅野恵氏によるデザインです。



練馬区ブルーベリー観光農園が全国に愛称を募集し、2,044通の応募の中から選定委員会で審査の結果名前が決まったそうです。

ブルーベリー3兄弟のそれぞれのキャラクターの特徴は、

長男ブルン:陽気で明るいしっかりもの。ジャム作りが得意。
次男ベルン:食いしん坊でいたずら好き。木登りが得意。
長女リルン:優しくてチョッピリ恥ずかしがりや。お花が大好き。

とのことです。


練馬ベリー交流会
練馬でイチゴとブルーベリーを産地直販する練馬ベリー交流会
大泉の農家、和・洋菓子屋、酒屋が集まり、結成されました。
イチゴとブルーベリーを産地直販し、新メニュー開発にもチャレンジするなど、
練馬のベリーで地元を盛り上げ、地産地消を目指しています。


練馬の柿のもぎとり・直売の「荘埜園」

東京練馬で柿のもぎとりが出来る「荘埜園」
昭和31年から柿を育てている「荘埜園」さんでは、シーズンに柿のもぎとりが出来ます。
愛情込めて育てられている柿は甘くてとっても美味しいです。
ぜひご家族で柿狩りにお出かけください。

シーズン:11月~12月初旬。(柿がなくなり次第終了)
場所:東京都練馬区大泉町1-50-22
TEL:03-3923-7700
担当:荘埜銀一

練馬区で作られている果物

【あ】

【か】

【さ】

【な】

【は】

【ま】

【や】

【ら】


甘夏

甘夏は夏ミカンの変わり種で、夏ミカンに比べて糖度が高いのが特徴です。
冷蔵庫で保存すると苦みが出るので、常温で保存しましょう。

<甘夏を作っている練馬区の農家さん>
西大泉5-33-30 高田実さん



イチゴ

練馬の果物、イチゴ バラ科の多年草。
甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある。
果皮のツブツブがクッキリしていて、ヘタが青くて元気なものが美味しい。
乾燥を防ぐため、ラップまたはビニールに入れて冷蔵庫の野菜室で保存。
傷んだものがあれば取り出しておく。

<イチゴを作っている練馬区の農家さん>
大泉学園町3-18 加藤和雄さん
東大泉7-15-7 関口俊一さん(関口農園)
西大泉4-21-1 内堀良明さん

練馬で新鮮なイチゴが買える販売所はこちら




イチジク

不老長寿の果物とも呼ばれるイチジクはふっくらと大きくて果皮に張りと弾力があり、香りのよいものを選びましょう。乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。日持ちしないので、早めに食べきりましょう。食べきれない場合は、シロップで煮てコンポートにしたり、ジャムにするという手もあります。

<イチジクを作っている練馬区の農家さん>
大泉町1-50 荘埜銀一さん(荘埜園)
大泉町2-40 樋沼肇さん(中里樋沼農園)

練馬で新鮮なイチジクが買える販売所はこちら




ウメ

丸みがあって香りが良く、傷や斑点のないものを選びましょう。梅干しにするならある程度熟した黄色いもの、硬めの梅干しがよいなら青みが残るものを使います。また梅酒用なら青く硬めのもの、ジャム用には完熟したもの、カリカリ小梅を作るなら青みのある小梅がよいでしょう。梅は生では食べられないので、新鮮なうちに梅干しや梅酒などに加工しましょう。すぐに加工できない場合は常温の冷暗所で保存します。10度くらいの環境なら少しは日持ちしますが、低温障害を起こすことがあるので冷蔵庫での保存はおすすめしません。

<ウメを作っている練馬区の農家さん>
石神井台4-6-23 桜井国雄さん
石神井台4-21-9 尾崎吉弘さん

練馬で新鮮なウメが買える販売所はこちら




カキ

練馬の果物、カキ 果皮がしっとりして張りがあり、全体的に色づいているもの、また持ったときに重みがあるものを選びましょう。
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すれば1週間ほど持ちますが、常温だと2日ほどでやわらかくなります。柿は追熟しないので、購入したら早めに食べましょう。やわらかくなりすぎた柿は冷凍するとシャーベットとして楽しめます。

<カキを作っている練馬区の農家さん>
桜台5-25-2 小泉知定さん
谷原6-15-29 杉浦政雄さん(杉浦ブドウ園)
上石神井2-8-3 高橋誠一さん
上石神井2-10-2 高橋輝行さん
石神井台4-21-9 尾崎吉弘さん
石神井台6-12-6 本橋重信さん
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)
関町東1-3 尾崎正広さん
大泉学園町1-19-3 加藤昭夫さん(A・加藤農園)
大泉学園町5-20-18 加藤政好さん
大泉町1-50 荘埜銀一さん(荘埜園)
大泉町2-40 樋沼肇さん(中里樋沼農園)
東大泉6-13-19 関口完太郎さん
南大泉3-19-35 高橋長之助さん
西大泉4-21-1 内堀良明さん
西大泉5-33-30 高田実さん
平和台3-27 渡戸貞男さん(ファーム渡戸)
平和台4-17-2 関口正樹さん



練馬で新鮮なカキが買える販売所はこちら






キウイフルーツ

練馬の果物、キウイフルーツ きれいな楕円形で、果皮にまんべんなく産毛が付いているものが良品です(※品種によって産毛がないものもあります)。果皮の色は、濃すぎるものよりも明るい薄茶色のものが良く、軽く握ったときにやわらかさを感じれば食べ頃です。果皮に傷があるものやへこみのあるものは味が落ちているので避けましょう。

<キウイフルーツを作っている練馬区の農家さん>
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)
大泉学園町5-20-18 加藤政好さん
平和台4-17-2 関口正樹さん
土支田2-16-9 中井川富治さん

練馬で新鮮なキウイフルーツが買える販売所はこちら




クリ

果皮に張りと光沢があってずっしりと重みがあるものを選びましょう。
傷が付いていたり黒っぽく変色していたり、穴があいているものは避けましょう。
時間が経つと水分が飛んで実が収縮して味が落ちたり、虫に食べられたりするので購入したら早めに食べるようにしましょう。保存するときは新聞紙などに包んで冷蔵室に入れます。

<クリを作っている練馬区の農家さん>
上石神井2-10-2 高橋輝行さん
石神井台4-6-23 桜井国雄さん
関町北3-4-9 原島義夫さん
大泉学園町8-35-10 市川悦朗さん

練馬で新鮮なクリが買える販売所はこちら




スイカ

練馬の果物、スイカ 果皮に張りがあり、緑と黒のコントラストがハッキリとしていて、ツルとは反対側のお尻の薄茶色の部分(果頂部)が小さいものが良いスイカといわれます。
カットスイカは種が黒く、果肉部分の赤と果皮の白色の境目がはっきりしているものがよいでしょう。

<スイカを作っている練馬区の農家さん>
西大泉5-33-30 高田実さん


練馬で新鮮なスイカが買える販売所はこちら




ナシ

形がよく果皮に張りがあり、同じ大きさなら重みがあるもの。また、軸がしっかりとして果皮に色ムラがなく、お尻がふっくらとして広いものがよいでしょう。
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

<ナシを作っている練馬区の農家さん>
桜台5-25-2 小泉知定さん

練馬で新鮮なナシが買える販売所はこちら





ブドウ

練馬の果物、ブドウ 実の部分に張りがあり、軸が太く青いものを選びましょう。
ブドウは日持ちしないので、なるべく早く食べるようにしましょう。食べきれない場合は新聞紙でくるむかビニール袋に入れ野菜室で保存します。

<ブドウを作っている練馬区の農家さん>
桜台5-25-2 小泉知定さん
中村南2-1-18 西貝伸生さん(西貝ぶどう園)
谷原1-21-5 宮部光夫さん(みやべブドウ園)
谷原6-15-29 杉浦政雄さん(杉浦ブドウ園)
下石神井5-6-49 小川和徳さん
上石神井2-8-3 高橋誠一さん
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)
大泉町2-40 樋沼肇さん(中里樋沼農園)
西大泉2-9-10 加藤重光さん
春日町2-8 篠田一雄さん(篠田果樹園)
平和台4-17-2 関口正樹さん
土支田2-16-9 中井川富治さん

練馬で新鮮なブドウが買える販売所はこちら




ブルーベリー

皮の色が濃く、鮮やかな青紫色をしているもの。果皮はしっかりとハリがあり、比較的大粒のものがよいとされています。
ブルーベリーは追熟しないので、冷蔵庫に入れて保存し、なるべく早く食べるようにしてください。食べきれなかったらジャムやソースなどに加工するか、冷凍保存するとよいでしょう。

<ブルーベリーを作っている練馬区の農家さん>
下石神井5-6-49 小川和徳さん
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)
大泉学園町1-19-3 加藤昭夫(A・加藤農園)
大泉学園町5-20-18 加藤政好さん
東大泉6-13-19 関口完太郎さん
西大泉4-21-1 内堀良明さん
春日町2-8 篠田一雄さん(篠田果樹園)

練馬で新鮮なブルーベリーが買える販売所はこちら




ブンタン

原生地は中国・台湾とされ、江戸時代に日本に伝わったと伝えられています。ブンタンの標準和名は「ザボン」といい、暖かい地方で栽培されます。
保存は直射日光が当たらない涼しい所を選んでください。冷蔵庫は乾燥して皮がしぼんでしまうので、入れるのであればしっかりと全体をラップで包んでください。
冷やしすぎに注意しましょう。
ブンタンは果肉がしっかりしているので、房をほぐしてサラダに使ったり、和え物に使ったりするのもオススメです。

<ブンタンを作っている練馬区の農家さん>
大泉町1-50 荘埜銀一さん(荘埜園)

練馬で新鮮なブンタンが買える販売所はこちら




プルーン

国産のプルーンは甘味も強く、生食に向いた品種が中心なので、そのまま生で食べるのが一番美味しいのではないでしょうか。また、一般的にはプルーンは皮を剥かず、皮ごと食べた方が良いとされています。栄養面では特に皮にポリフェノールなどが沢山含まれているのでその方が良いでしょう。
プルーンはなるべく早めに食べるようにしましょう。まだ固く未熟な物は室温に置いておき追熟させてから冷蔵庫に入れておきます。冷蔵庫に入れる時には、乾燥しないようビニールなどの袋に入れるなどしてから入れるようにしてください。

<プルーンを作っている練馬区の農家さん>
関町東1-3 尾崎正広さん

練馬で新鮮なプルーンが買える販売所はこちら





ミカン

練馬の果物、ミカン へたの切り口が小さく、果皮の色が濃く張りのあるもの。また形が扁平で、皮のツブツブが小さくはっきりしていて、重みがあるものを選びましょう。
風通しが良くて湿度がやや高く、涼しい場所(3~8度が適温)で保存します。

<ミカンを作っている練馬区の農家さん>
石神井台6-12-6 本橋重信さん
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)

練馬で新鮮なミカンが買える販売所はこちら




ユズ

練馬の果物、ユズ ユズはミカン科ミカン属の果実で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。
手に持った時に、実に張りがありブヨブヨしていないものを選びます。
ユズは気温が高い時期は乾燥しないようラップで包むか袋に入れ野菜庫に入れておきます。冬場は室内でも1週間程は大丈夫でしょう。香りが命なので、なるべく早く使いきるようにしてください。

<ユズを作っている練馬区の農家さん>
関町北5-2-26 桜井祐次さん(さくら菜果園)

練馬で新鮮なユズが買える販売所はこちら




リンゴ

果皮が赤く染まり、軸が太くて果皮に張りとツヤがあるもの選びましょう。お尻の部分が緑色のものは未熟で、黄色いものは甘みがあるといわれます。大きさは中くらいがよく、重みのあるものが良いリンゴです。
水分の蒸発を防ぐためビニール袋に密封して冷蔵庫または風通しのよい涼しい暗所で保存。その際、なるべく低温、低湿度に保ちます。家庭ではそれほど日持ちしないので早めに食べましょう。

<リンゴを作っている練馬区の農家さん>
大泉町2-40 樋沼肇さん(中里樋沼農園)

練馬で新鮮なリンゴが買える販売所はこちら




レモン

形が整っていて果皮にハリとツヤがあり、色鮮やかなものが良品です。また軸の部分が緑色で香りがよく、持ったときに皮に弾力があり重みを感じるものを選びましょう。
乾燥を防ぐためビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。カットしたレモンは切り口をラップでくるんで冷蔵庫へ入れて、早めに使い切りましょう。

<レモンを作っている練馬区の農家さん>
大泉学園町1-19-3 加藤昭夫(A・加藤農園)


練馬で新鮮なレモンが買える販売所はこちら

  • facebookコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • PR

  • ログインステータス

    ログインしていません。
  • SNSログイン

    [loginbtm]
  • 会員メニュー

  • サイドメニュー

  • 今月販売の練馬野菜


  • だいこん丸の今日の夕飯何にする?

    今日のこんだてのヒント

    5月29日は「こんにゃくの日」

    5月29日は「こんにゃくの日」だよ!

    こんにゃくの作付けが5月に行われることと、『こ(5)んに(2)ゃく(9)』の語呂合わせからこの日になったんだって。

    こんにゃくはノンカロリーでダイエットにも最適!

    食物繊維の他にカルシウムやミネラルもたっぷり含まれているよ!

    こんにゃくや糸こんにゃくを使ったレシピは、こんにゃくステーキ、牛丼、きんぴら、味噌田楽などなど。

    今日の夕飯は「こんにゃくの日」にちなんでこんにゃくを使ったメニューはいかが!?

    2017年05月29日


    こんだてのヒントをもっと見る


  • FOOD ACTION NIPPON

    練馬の無人販売所マップを運営する(株)エリアスタは「FOOD ACTION NIPPON」推進パートナーに認定されています。

    FOOD ACTION NIPPON
  • 週間アクセスランキング

    アクセスランキング週間アクセスランキング

    まだデータがありません。

    合計ランキングをみる


  • ツイッター


  • 練馬のだいこん丸ブログ

    練馬のだいこん丸ブログ
  • facebook

  • 情報をお寄せください

    練馬の販売所情報をお寄せください

  • このページの上へ