このエントリーをはてなブックマークに追加

練馬大根とは

練馬大根とは

練馬と言えば練馬大根。全国の人に名前を知られる練馬大根

練馬大根とは、東京の練馬地方で作り始めた大根のことを言います。
純粋な練馬大根は、たくあん漬け専用の「練馬尻細大根」と、煮食用の「練馬秋づまり大根」の2品種のことを言いますが、品種改良で多くの練馬系大根がうまれ、これらの練馬系大根も「練馬大根」というようです。

言うまでもなく、練馬区の特産品になっており、「練馬といえば大根」といっても過言ではないでしょう。


「練馬尻細大根」
沢庵大根として有名。
根は長く大きく長さは75cm、重さは1.5キロほど。
首は細く、中央部が太く、下部は細くなり、尻がとがっているので尻とがり大根ともいいます。
肉質はしまり、水分が少なく、皮が薄く、色が白くて乾きやすいので干し大根としても最良です。


「練馬秋づまり大根」
煮大根として有名。肉質はやわらかで美味しく、糠漬けにも合います。
肉が柔らかなうえ、よくしまっていて、水分が豊富で甘みが強いのが特徴です。

練馬で新鮮な練馬大根が買える販売所はこちら



練馬大根の歴史

練馬地方の表土は練馬大根栽培に適した土壌の関東ローム練馬大根の栽培は江戸時代に始まりました。
練馬地方の表土は深くて大根栽培に適していたので、優れた大根が生産され、大根の国内有数の産地となりました。

大根は栽培する土の性質によって形が著しく変化する作物です。
練馬大根が生まれた練馬地方の土壌は、関東ロームと呼ばれる赤土層で、この土は根の深く入る植物、たとえば、ゴボウやニンジン・サツマイモの生育に最適なのだそうです。

その後、昭和の初めのころまで盛んに栽培され続けますが、昭和8年の大干ばつや、何回かのモザイク病の大発生によって大きな痛手を受けました。その後も、食生活の洋風化・急激な都市化による農地の減少などにより、昭和30年頃から栽培が衰退し、練馬大根が出回ることがほとんどなくなってしまいました。

練馬大根の栽培が激減していくなかで、キャベツ栽培が主になり、現在の主要生産物は練馬キャベツになっています。

練馬キャベツについての詳細は練馬の無人販売所マップ注目の特集「練馬キャベツ」のページをご覧ください。


練馬大根の特徴

練馬大根の重さは通常で1~2キロ前後、長さは約70cm~100cmほどにもなります。
首と下部は細く、中央部がやや太くなっています。
漬物、とくにたくあん用として重宝され、辛みが強いので大根おろしにも利用されます。
「練馬秋づまり大根」は煮物にも適しています。

その独特の形から、収穫の時に練馬大根を引き抜く際、青首大根の数倍力が必要とのことです。
練馬大根の生産が減少した理由はこの収穫の重労働にもあるようです。


練馬大根のたくあん漬け

練馬大根のたくあん漬けは、練馬区が区内の農家さんに委託して栽培している練馬大根を1本1本干し上げて、
米ぬかと塩で1か月以上漬け込んだたくあん漬けです。

毎年開催されている、「ねりま漬物物産展」で展示・販売され1番人気を博しています。
人気の秘密は昔ながらの素朴な味と、「パリッ」とした歯切れの良さで、市場にはなかなか出回らない貴重なものです。

白石農園で採れた練馬大根のたくあん漬け
大泉町の白石農園で採れた練馬大根のたくあん漬けです。「パリッ」とした歯ごたえがたまりません。白石さんの野菜直売所では一袋100円から200円で売られています。


練馬大根のたくあん漬けを売っている練馬区大泉町の白石農園の野菜直売所はこちら

ねりま漬物物産展の詳細はこちら



練馬大根の栽培方法

練馬大根は種をまいてから収穫まで100~120日かかります。

■種まき
種撒きは8月中旬。

■間引き・土盛り
22から23日後、本葉が6~7枚のときに間引く。
間引き後、株の周囲に高さ10cm、周囲20cmほどの土盛りをする。
盛り寄せた土は強く締めすぎないように、手で締める。

■追肥
間引き前か、土盛りの直後に1回目の追肥をする。
2回目の追肥は、収穫の20~30日前に行う。

■中耕
土盛りと追肥が終わったら、その日、または翌日に1回目の中耕をする。

2回目は1回目の10日後くらいに行う。

■収穫
11月中旬に収穫。


練馬大根にちなんだ商品

練馬大根は練馬で愛される特産品であることから、さまざまな商品になって練馬区内で販売されています。
その一部を紹介します。

「銘菓ねりま大根まんじゅう」
練馬区の代表的な農作物、練馬大根をイメージして作られた上用饅頭。
販売店:和菓子司 梅むら
住所:練馬区桜台4-4-10
TEL:03-3992-3914

「練馬大根まんじゅう」
練馬大根をかたどった上用饅頭。
販売店:練馬大根最中本舗 栄泉
住所:練馬区大泉学園町1-12-2
TEL:03-3924-8499

「練馬大根最中」
練馬大根の細長い形をイメージした最中。
販売店:練馬大根最中本舗 栄泉
住所:練馬区大泉学園町1-12-2
TEL:03-3924-8499

「木村家のだいこんシリーズ」
練馬大根を立体的に表した手作り最中と、練馬大根そっくりに細長く仕上げた上用饅頭。
販売店:御菓子司 木村家
住所:練馬区富士見台2-18-13
TEL:03-3999-8671

「銘菓 ねりま」
練馬区の名物である練馬大根をイメージし、長細い形に仕上げた和菓子。
販売店:御菓子司 利久
住所:練馬区練馬1-28-7
TEL:03-3992-1372

「練馬の青葉クッキー&マドレーヌ 手作りケーキ&クッキー」
練馬大根の葉の粉末を練り込み、みどり豊かな練馬区を表現したクッキーとマドレーヌ。
クッキーは細長い練馬大根の形に仕上がっています。
販売店:喫茶べるはうす
住所:練馬区東大泉3-66-16 大泉ガーデン内
TEL:03-3867-7740

「ねりまだいこん酵母パン」
練馬区の特産物、練馬大根から酵母を採取したこだわりの天然酵母を使用。
販売店:デンマークベーカリー 練馬店
住所:練馬区練馬1-5-7
TEL:03-3994-3741

「復刻 練馬大根無添加沢庵」
練馬大根の沢庵漬。
添加物は一切使用せず、昔ながらの製法で、塩と米糠だけを使用し天日干しした練馬大根を漬け込みました。
販売店:おか田
住所:練馬区高松5-17-9
TEL:0120-141-475

「練馬大根ドレッシング」
練馬大根をすりおろし、北海道常呂産の良質なタマネギと合わせた醤油ベースのドレッシングです。
販売店:JA東京あおば各地区振興センター及び各直売所

「練馬大根焼酎」
練馬名物の練馬大根を原料に50%以上使用した焼酎。
販売店:窪田屋商店
住所:練馬区東大泉2-18-3 
TEL:03-3922-3416

「練馬大根ビール」
練馬名物の練馬大根を原料に使用した発泡酒。
販売店:窪田屋商店
住所:練馬区東大泉2-18-3 
TEL:03-3922-3416

「ねりまだいちゃん小銭入れ」
練馬の特産品、練馬大根をモチーフにしたキャラクター「だいちゃん」を織り込んだ小銭入れです。
販売店:加藤畳店
住所:練馬区西大泉5-16-36
TEL:03-3922-8063

「ねりま大根ペンケース」
練馬の特産品、練馬大根の形をした「さをり織り」のペンケースです。
販売店:東京都練馬障害者支援ホーム
住所:練馬区西大泉5-36-2
TEL:03-3925-0088



練馬大根収穫イベント

練馬区では毎年、地元の農家さんの畑で練馬大根の収穫イベントを行っています。

1年に1回しか収穫できない貴重な練馬大根は、沢庵漬けが有名ですが煮物などの大根料理に使用してもおいしくいただけます。

長くて中央部がやや太い練馬大根は、抜くときは力とコツが必要です。
地産地消に取り組む区内農業者のお話を聞きながら、楽しく収穫しましょう!

詳しくは練馬区のホームページをご覧ください。


練馬で新鮮な練馬大根が買える販売所はこちら


  • facebookコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • PR

  • ログインステータス

    ログインしていません。
  • SNSログイン

    [loginbtm]
  • 会員メニュー

  • サイドメニュー

  • 今月販売の練馬野菜


  • だいこん丸の今日の夕飯何にする?

    今日のこんだてのヒント

    毎月23日は天ぷらの日(春野菜の天ぷら)

    毎月23日は天ぷらの日だよ!

    元々大暑の日(7月23日ごろ)が『天麩羅の日』となっていたものを、毎月の記念日としたんだって。

    今日の夕飯は季節の野菜を使って、天ぷらにするのはいかが!?

    天ぷらに合う春の野菜は、アスパラ、シュンギク、芽キャベツ、タラの芽、フキノトウ、などなど!

    天ぷらで春の野菜を味わっちゃおう!!

    2017年03月23日


    こんだてのヒントをもっと見る


  • FOOD ACTION NIPPON

    練馬の無人販売所マップを運営する(株)エリアスタは「FOOD ACTION NIPPON」推進パートナーに認定されています。

    FOOD ACTION NIPPON
  • 週間アクセスランキング

  • ツイッター


  • 練馬のだいこん丸ブログ

    練馬のだいこん丸ブログ
  • facebook

  • 情報をお寄せください

    練馬の販売所情報をお寄せください

  • このページの上へ