このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜の保存方法

練馬の無人販売所で買った野菜も、それぞれの特性を知って保存することで、無駄なく食べきろう

一人暮らしの方や少人数の家庭では、せっかく新鮮な野菜を購入しても使いきれず、腐らせてしまうこともあるかと思います。

野菜は生きている食品です。
収穫されたあとも呼吸をし、成長するそうです。
そしてその過程で、エチレンガスが発生します。

このエチレンガスにより、まわりの他の野菜や果実も一緒にさらに成長が進むのです。

冷蔵保存することで熟成を遅らさせることができるので、エチレンガスの発生も抑えることができます。
(特にトマトリンゴなどはエチレンガスの発生が多いとされています)

また、冷蔵庫は基本的に乾燥しています。

野菜の保存に適している野菜室でもそのまま入れるだけでは乾燥してしまいがちです。

新鮮な野菜では重量の5%程度の水分が減っただけで、見た目にも乾燥が目立つ「しなびた」状態になります。

そこで、ラップやジッパーつき保存バッグなどを活用して乾燥を防ぐ工夫をしましょう。
ただし、水分が多すぎると野菜の傷みを促進させる場合もありますので、注意が必要です。

保存方法に迷ったときは、その野菜が畑にあるときのことを考えてみましょう。
畑で育った状態に近い形で保存するのがベストだと覚えておくと便利です。

下記に、野菜別の詳しい保存方法を載せました。

それぞれの野菜の特性を知って、その野菜が気持ちよくすごせる環境を作ってあげて、
野菜を長持ちさせて無駄にすることなく食べきるようにしましょう。


五十音別野菜の保存方法

【あ】

【か】

【さ】
  • サツマイモ
  • サトイモ
  • サヤエンドウ
  • シイタケ
  • シソ
  • シメジ
  • ジャガイモ
  • シュンギク
  • ショウガ
  • スイカ
  • ズッキーニ
  • セリ
  • セロリ

  • 【た】
  • ダイコン
  • タケノコ
  • タマネギ
  • トウモロコシ
  • トマト

  • 【な】
  • ナス
  • ニラ
  • ニンジン
  • ニンニク
  • ネギ
  • 練馬大根

  • 【は】
  • ハクサイ
  • パセリ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ホウレンソウ

  • 【ま】
  • マイタケ
  • ミズナ
  • ミツバ
  • ミョウガ
  • 芽キャベツ
  • メロン
  • モヤシ

  • 【や】
  • ヤマイモ

  • 【ら】
  • ラッカセイ
  • レタス
  • レンコン


  • アスパラガス

    アスパラガスは鮮度が落ちやすいので、できるだけ早く利用しましょう。

    ラップに包んだりビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
    できれば、穂先を上にして立て掛けた方が鮮度が保てます。
    2・3日を目安に使い切りましょう。

    軽く茹でて冷まし、水分をよく拭き取ってから、ラップに包むかフルージング袋に入れて冷凍庫に入れれば、1ヶ月くらい保存が可能です。

    練馬で新鮮なアスパラガスが買える販売所はこちら




    イチゴ

    イチゴは、早めに食べてしまいましょう。

    へたを下に向け、重ならないようにラップをしたり、
    ビニール袋などに入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。
    水分が付かないように気をつけましょう。
    イチゴは鮮度が落ちやすいため、2・3日を目安に使い切るようにしましょう。

    冷凍保存する場合は、へたを取り、水分をよく拭き取り、
    砂糖をまぶして、重なったりしないよう、ビニール袋などに入れ保存します。

    練馬で新鮮なイチゴが買える販売所はこちら




    インゲン

    ビニールなどに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
    早めに使い切りましょう。

    軽く塩茹でし、冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なインゲンが買える販売所はこちら




    ウコン

    ウコンは、ショウガ科の多年草で、万能薬といっても良いくらいに有効成分が入っています。
    特にウコンに含まれるクルクミンという成分は、ウコンにしか入っていない色素成分です。
    ウコンのクルクミンは、病気に対して有効な成分になります。

    ウコンは日本語です。英名では「ターメリック」と呼ばれています。

    良く知られる乾燥する保存方法では、ウコンの成分の多くが揮発性のものなので失われてしまいます。
    ウコンは乾燥に弱く、ある程度の湿気も必要です。

    短期間の保存の場合は冷蔵庫の野菜室での保存でもOK。

    お勧めはウコンを綺麗に洗い、すりおろしてジッパー付の保存袋などに入れて均一に伸ばし、
    箸などで割りやすいように筋を付けておき、冷凍庫で保存。
    使用するときはポキっと割って使用します。

    練馬で新鮮なウコンが買える販売所はこちら




    エダマメ

    エダマメは、未成熟な大豆を枝付きのまま収穫することから「エダマメ」と呼ばれています。

    香りの強い新潟県産、山形県産のチャマメ、ダダチャマメ、丹波篠山のクロマメなどがあります。

    タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維など大豆に含まれる栄養のほとんどを備えている上に、
    大豆には含まれていないビタミンA、ビタミンCも含んでいるなど、豆類と野菜の両方の栄養素を備えています。

    生で短期間保存する場合は、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室など直射日光を避けた冷暗所で保存しましょう。
    冷凍保存する場合は硬めに茹でたものを急速冷凍すると良いでしょう。

    練馬で新鮮なエダマメが買える販売所はこちら



    練馬で新鮮なチャマメが買える販売所はこちら




    エノキタケ

    根元を切らずにラップをし、
    冷蔵庫の野菜室で保存します。
    2・3日を目安に使い切るようにしましょう。



    カブ

    買ってきたらすぐにつけ根のところで、葉と根を切りはなし別々に保存します。

    根はラップ等をし冷蔵庫へ。
    葉は軽く茹でラップに包み冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

    冬場は、丸ごとならば葉を落とし、濡れた新聞紙に包み、ポリ袋に入れれば、冷暗所に保存しても大丈夫です。

    練馬で新鮮なカブが買える販売所はこちら




    カボチャ

    カットされていないものは、冬季であれば常温で2・3ヶ月保存可能です。
    できれば、濡れた新聞紙に包むといいでしょう。

    カットされたものは、腐りやすい種とワタの部分をを取り除いてからラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。
    3~5日を目安に使い切りましょう。

    カットして軽く茹でたものをラップをし、冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なカボチャが買える販売所はこちら




    カリフラワー

    ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。
    変色しやすいのでできるだけ早めに使い切りましょう。

    小分けにして軽く茹で、ラップをするか密封容器に入れ、冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なカリフラワーが買える販売所はこちら




    キャベツ

    丸ごと保存する場合は、ラップに包まれていると呼吸がしにくくなるのではずします。
    芯をつけたままだと中の芽が育ってしまうので、すぐに芯をくりぬき、ぬらしたペーパータオルを詰めてジッパーつき保存バッグに入れます。
    芯を下にして冷蔵庫の野菜室で保存します。

    ただし、詰めたキッチンペーパーなどは時々湿らせてあげましょう。

    カットされたキャベツはラップをして冷蔵庫の野菜室へ。
    早めに使い切りましょう。

    使いたい形にカットし、水に漬けてから水分を切り冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なキャベツが買える販売所はこちら




    キュウリ

    乾燥にも水気にも弱く、すぐに色が悪くなり、傷みやすい野菜です。
    ペーパータオルで表面の水気をよくふき取って1本ずつラップに包み、
    さらにジッパーつき保存バッグに入れてへたを上に向け立てて野菜室で保存します。

    冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

    薄い輪切りにして、塩で揉み水気をしっかり切って、冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なキュウリが買える販売所はこちら




    ゴボウ

    乾燥に弱い野菜です。
    さらに、洗いゴボウだと酸化しやすいので、濡れた新聞紙にくるみ、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室へ保存します。

    泥付きゴボウのばあい、濡れた新聞紙に包んで、冷暗所に立てるか、土に埋めておくと長持ちします。
    但し、夏場は、泥を洗い落として冷蔵庫の野菜室へ。

    水洗いして使いたい形にカットし、水に漬けてアクを抜き、軽く茹でて水気を切り、
    ラップをして冷凍保存可能です。



    ゴマ

    ゴマは『不老長寿の秘薬』と言われるほど栄養価が高く、食物繊維、カルシウム、鉄分、γ-トコフェノール(ビタミンE)などが含まれています。

    ゴマの抗酸化成分「ゴマリグナン」に最も多く含まれる物質がセサミンで、美肌や代謝の活性化にもよいといわれます。

    ゴマは光・空気・熱により酸化が進みます。
    酸化の進行は保存方法により、大きく左右されます。


    開封前は直射日光・高温多湿を避けて保存しましょう。

    開封後はチャック付きの袋製品はチャックをしっかりと閉め、チャックのない袋入り製品はビン等の密閉容器に移し替えて、冷暗所または冷蔵庫で保存しましょう。

    他の容器に移し替える際は、「賞味期限・開封日」を分かるように記入しておくとよいでしょう。

    ねりごま製品は冷暗所で保存しましょう。
    低温で保存するとごまの油分が白く固まることがあるため、冷蔵庫に入れる必要はありません。
    ビン製品はビンの口をきれいに拭いてからフタを閉めてください。

    練馬で新鮮な金ゴマが買える販売所はこちら




    コマツナ

    コマツナは、ホウレンソウ等に比べると葉が厚いので、水分には強い青菜です。
    しかし、乾燥には弱いので濡らしたペーパータオルにくるんで、さらにポリ袋に入れて立てて冷蔵庫の野菜室で保存します。
    できるだけ早めに使い切りましょう。

    軽く茹で、水分を良く切り、ラップをして冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なコマツナが買える販売所はこちら




    サツマイモ

    サツマイモは寒さに弱いため、冷蔵庫には入れないようにします。

    新聞紙で包んだり、ダンボールに入れたりして、密封しないようにします。
    光の当たらない風通りの良い場所で保管しましょう。

    2週間くらいで使い切るようにしましょう。

    練馬で新鮮なサツマイモが買える販売所はこちら




    サトイモ

    泥の付いたまま、新聞紙に包んで常温で保存します。
    冷蔵庫へは入れないようにしましょう。
    カットしたり皮をむいたものは、できるだけ早く食べきりましょう。

    軽く茹で、皮をむいて冷凍保存もできます。

    練馬で新鮮なサトイモが買える販売所はこちら



    練馬で新鮮な京イモが買える販売所はこちら






    サヤエンドウ

    ビニール袋などに入れて冷蔵庫への野菜室で保存します。
    4・5日で使い切るようにしましょう。

    しばらく使う予定のないときは、固く茹でてから冷凍保存します。

    練馬で新鮮なスナップエンドウが買える販売所はこちら




    シイタケ

    石づきを切り落とし、汚れや水気を綺麗にふき取ります。

    軸のついていた方を上にして、ジッパーつき保存バッグか密閉容器に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。

    ネットに入って売られているものは、そのまま密封容器かポリ袋に入れて野菜室に保存します。
    但し、ヒダのある白いほうを上にしておかないと黒ずんでしまいます。

    水気を嫌うので、洗ったり、濡らしたりしないようにしましょう。

    特に、最近の高湿度に保たれた野菜室にそのまま入れると湿気を吸い込んでしまいますので、しっかり密封し保存してください。

    石づきを切り落とし、汚れや水気を拭きとったあと冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なシイタケが買える販売所はこちら




    シソ

    濡らしたキッチンペーパーや新聞紙に挟んで、
    密封容器に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。
    なるべく早く使い切りましょう。

    1枚ずつラップして冷凍保存も可能です。



    シメジ

    シメジはそのままカサを上にして、シイタケと同様に保存します。

    水分を良く取り、ラップして冷蔵庫へ。
    早めに食べきりましょう。

    石づきを取り、軽く汚れを取って冷凍保存可能です。



    ジャガイモ

    冷蔵庫に入れなくてもいい野菜ですが、夏場は野菜室に入れる方が長持ちします。
    新聞紙に包んでポリ袋にいれ保存してください。

    剥いたジャガイモは、レンコンと同様に、酢を入れた水に漬けておくと変色を防げます。

    泥の付いたまま、光の当たらない涼しい場所で保存します。
    夏でも1週間は保存可能です。
    カットしたものは冷蔵庫で保存し、早めに食べきりましょう。

    ジャガイモは冷凍保存に向いていませんが、
    ポテトサラダなどにすれば冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なジャガイモが買える販売所はこちら




    シュンギク

    根元に湿らせたキッチンペーパーなどを巻いて冷蔵庫の野菜室で、できれば立てて保存します。
    できるだけ早めに使い切りましょう。

    軽く茹でて冷凍保存も可能です。
    水分をよく切って、2週間を目処に使い切りましょう。

    練馬で新鮮なシュンギクが買える販売所はこちら




    ショウガ

    乾燥にも水気にも弱い野菜です。
    ペーパータオルで表面の水気をよくふき取って、ラップで包み、冷暗所か冷蔵庫の温度が低すぎない場所で保存しましょう。

    皮をむいたり、切ったりした場合は冷凍保存がよいでしょう。

    使い残しのものは、ラップでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室にいれましょう。

    新聞紙などに包み、涼しい場所で保存します。
    早めに使い切りましょう。

    すりおろしたり、カットすれば冷凍保存が可能です。
    ラップに薄く広げて密封できる容器で保存します。

    練馬で新鮮なショウガが買える販売所はこちら




    スイカ

    常温で保存します。早めに使い切りましょう。
    食べるときは冷蔵庫で冷やし、早く食べきりましょう。

    アメリカ農務省の研究チームが発表によると、
    室温に近い21度で保存したスイカは、収穫したばかりのスイカと比べると、
    ベータカロチンが50~139%、リコピンも最大40%増加していることが明らかになったといいます。

    練馬で新鮮なスイカが買える販売所はこちら




    ズッキーニ

    ズッキーニは、見た目はキュウリに似ていますが、カボチャの仲間です。

    ズッキーニは基本的に冷蔵庫の野菜室で保存しますが、冷やしすぎたり乾燥させると食味が落ちるので、新聞紙などで包んでからポリ袋に入れて保存します。
    20度以下の涼しい環境であれば室温でも可能です。
    3~4日を目安に食べ切りましょう。

    スライスしたものをかたゆでして冷凍保存することもできますが、食感がやわらかくなります。

    練馬で新鮮なズッキーニが買える販売所はこちら




    セリ

    セリは濡らした新聞紙などで根元を包み、ビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室へ。
    できれば立て掛けて保存したほうがよいでしょう。
    早めに食べきりましょう。



    セロリ

    セロリは葉と茎を分けてビニール袋などに入れ、
    できれば立て掛けて冷蔵庫の野菜室へ。
    濡らした新聞紙などで包んで保存するのも良いでしょう。
    できるだけ早く食べきりましょう。



    ダイコン

    ダイコンは買ってきたらすぐに葉の部分を落し、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室に保存します。
    立て掛けると良いらしいです。

    大根おろしは冷凍保存できます。

    ダイコンの葉は、ビニールなどに入れて冷蔵庫の野菜室へ。
    早めに食べましょうる。
    軽く茹でて冷凍保存も可能です。

    練馬で新鮮なダイコンが買える販売所はこちら




    タケノコ

    タケノコは保存に適していません。
    保存するときは、穂先を切り落とし、皮を2・3枚むいて縦に包丁をいれ、
    米ぬかを入れたお湯で茹でます。

    箸が通るようになるまで(約1時間)茹でたら、
    良く冷まし、茹で汁に浸した密封容器に入れ冷蔵庫で保存。
    時々水を替えると1週間ほど保存できます。

    冷凍保存にも向いていません。

    練馬で新鮮なタケノコが買える販売所はこちら




    タマネギ

    タマネギは湿気がこもると腐りやすくなるので、通気性の良い冷暗所で保存しましょう。
    冷蔵しなくてもよい野菜ですが、夏場や新タマネギ紫タマネギは冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。

    風通しのよい所でネットで吊るして保存すると2ヶ月くらい保存可能です。
    カットしたものはラップをして冷蔵庫の野菜室へ。

    カットしたり、炒めたりして冷凍庫で保存が可能です。

    練馬で新鮮なタマネギが買える販売所はこちら



    練馬で新鮮な紫タマネギが買える販売所はこちら




    トウモロコシ

    トウモロコシは買ってきたら、すぐに皮とヒゲを取って、冷蔵庫の野菜室へ保存。
    ※必要に応じて、ラップをしてください。

    たっぷりのお湯で3~5分ほど茹でて、良く冷ましラップをして冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なトウモロコシが買える販売所はこちら




    トマト

    トマトはジッパーつき保存バッグに入れ、へたを下にして野菜室に入れますが、重なった部分から傷んでくるので、
    ひとつずつペーパータオルに包んでから、ジッパーつき保存バッグに入れるのがベストです。
    冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室に入れましょう。

    ナスと同様に冷やしすぎは味落ちの原因になります。

    青いものは常温で保管し熟したら冷蔵庫で保管します。

    へたの反対側に十字の切れ目を入れ、30秒ほど茹で、皮をむき冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なトマトが買える販売所はこちら



    練馬で新鮮なミニトマトが買える販売所はこちら




    ナス

    ナスはポリ袋またはジッパーつき保存バッグに入れ、乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、冷暗所で保存します。
    夏場は冷蔵庫の野菜室に入れましょう。
    冷やしすぎると傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

    陽の当たらない涼しいところなら2日ほど保存できます。
    ラップをして冷蔵庫へ入れれば1週間くらい保存可能です。

    練馬で新鮮なナスが買える販売所はこちら




    ニラ

    ニラは新聞紙でくるんでから、さらにラップでピッタリ包んで野菜室へ。
    傷みやすい葉先から使えばムダがありません。

    軽く茹で、水気を切り冷凍庫で保存可能。

    練馬で新鮮なニラが買える販売所はこちら




    ニンジン

    ニンジンはペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて野菜室で保存します。

    使いかけは、切り口をラップでピッタリおおって冷蔵庫へ。
    早めに使い切りましょう。

    泥付きの場合は、そのまま新聞紙で包み、冷暗所に立てて保存する事もできます。
    但し、夏場は泥を洗い落とし、野菜室へ。

    使いたい大きさにカットして、茹でて水分を良くきり冷凍保存も可能です。
    1ヶ月ほどで使い切りましょう。

    練馬で新鮮なニンジンが買える販売所はこちら




    ニンニク

    ニンニクは皮付きはポリ袋から出して、かごやネットに入れて冷暗所へ。
    但し、夏場は芽が出やすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

    また、皮をむいてしまったものは、ニオイが移りやすいのでしっかりラップし、野菜室へ保存してください。

    皮を剥いてラップし冷凍庫で保存すれば、約1ヶ月保存可能です。

    練馬で新鮮なニンニクが買える販売所はこちら




    ネギ

    新聞紙などに包んで冷暗所で立てて保存します。
    使いかけのものはジッパーつき保存バッグに入れ、立てて冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

    洗って売っているものは、外側からどんどん乾燥しますし、ニオイも気になるので、きっちりとラップに包んで保存してください。
    泥付きのものは、冬場は冷暗所へ。
    夏場は洗わず皮をむいて野菜室へ。

    刻んだネギは水分を良く拭き取り、密封できる容器に入れ、冷凍庫で保存も可能です。

    練馬で新鮮なネギが買える販売所はこちら




    練馬大根

    練馬大根は葉を根元から切り落とし、葉の部分はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

    根の部分はラップか、湿らせた新聞紙に包んで冷蔵庫で保存すると1週間程度持ちます。

    泥付きなら、新聞紙に包んで冷暗所に保存しましょう。
    カットされたものは、切り口から水分が抜けないようにしっかりラップして冷蔵庫に保存します。

    練馬で新鮮な練馬大根が買える販売所はこちら




    ハクサイ

    丸ごと保存する場合は新聞紙などに包み、冷暗所で立てて保存します。
    カットした場合はジッパーつき保存バッグなどに入れて、乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、野菜室で保存します。

    旬(11月~2月)の冬白菜は、丸のままなら新聞紙4~5枚に包んで冷暗所に置いておくだけでも長持ちします。
    芯をくり抜き、濡らしたキッチンペーパーなどを詰めて保存すれば更に鮮度が保てる。

    カットしたものや、夏場から売られている夏白菜は、野菜室へ保存してください。
    ※必要に応じて、ラップをしてください。

    早めに使い切りましょう。

    使いたい大きさにカットして、塩を入れたお湯で軽く茹で、
    水分を良く切ってラップに包み、冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なハクサイが買える販売所はこちら




    パセリ

    早く使い切る予定ならビニール袋などに入れ冷蔵庫へ。
    水を入れた容器に入れて冷蔵庫で保存すると1週間は保存可能です。

    みじん切りにして冷凍保存も可能です。




    ピーマン

    水分を良く取り、密封しないようにビニール袋などに入れ冷蔵庫へ。
    1週間くらい保存可能です。
    カットしたものは種を取り、ラップをして冷蔵庫へ、早めに使い切りましょう。

    種を取り、軽く茹でて冷凍保存可能です。

    練馬で新鮮なピーマンが買える販売所はこちら




    ブロッコリー

    野菜室で保存しますが、変色しやすいのでゆでて、冷蔵室に保存する事もできます。
    但し、ゆでたものは傷みが早いので、2~3日で食べきりましょう。
    ※必要に応じて、ラップをしてください。

    なるべく早く食べきりましょう。

    すぐに使わない場合は、軽く茹でて冷凍庫に入れれば長期保存も可能です。

    練馬で新鮮なブロッコリーが買える販売所はこちら




    ホウレンソウ

    ホウレンソウ等の青菜類はとてもデリケートな野菜です。
    乾燥だけでなく、過度な水分も大敵です。
    傷んでいる葉を取り除いてから、軽く霧吹きをして新聞紙に包み重なり合わないようにして立てて野菜室に保存してください。
    しばらく使わない場合は、時々霧吹きで水分を補給してあげましょう。

    なるべく早く使い切りましょう。

    軽く塩茹でし、使いたい大きさにカット、
    ラップ等に包んで冷凍庫で保存すれば、10日間ほど保存可能です。

    練馬で新鮮なホウレンソウが買える販売所はこちら




    マイタケ

    密封しないようにビニール袋などに入れ冷蔵庫へ。
    1週間で使い切るようにします。

    小房に分けて冷凍保存すると約1ヶ月の保存が可能です。



    ミズナ

    ミズナはホウレンソウやコマツナ等と同じで、水分が蒸発して乾燥してしまうと、鮮度がみるみる落ちていきます。
    濡らしたキッチンペーパーなどで包み、ジッパー付きの保存バック等に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。
    できるだけ早く使い切りましょう。

    一度さっと茹でてから水気を絞って小分けにして、密封容器に入れるかラップをして冷凍庫で保存も可能です。

    練馬で新鮮なミズナが買える販売所はこちら






    ミツバ

    濡らしたキッチンペーパーなどに挟み冷蔵庫の野菜室で保存します。
    できるだけ早く使い切りましょう。

    密封容器に入れるかラップをして冷凍庫へ。
    約1ヶ月の保存が可能です。



    ミョウガ

    濡らした新聞紙などに包み冷蔵庫へ。



    芽キャベツ

    芽キャベツはキャベツの若芽ではなく品種が改良されたもので、
    長く伸びた茎に腋芽(えきが)がびっしりと出て、それぞれ直径2~3cmに結球したものです。
    少し苦みがありますが、やわらかくて甘みがあり、シチューなどの煮込み料理によく使われています。

    乾燥を防ぐために、ぬれたペーパータオルか新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。
    沸騰したお湯で3分間茹で、水気を切って小分けにして、密封容器に入れるかラップをして冷凍庫で保存も可能です。

    練馬で新鮮な芽キャベツが買える販売所はこちら




    メロン

    丸ごとのものは冷蔵庫へは入れずに常温で保存します。
    ただし、できるだけ早く(1~2日)で食べきる。
    食べる前に1・2時間冷やすと、更においしくなります。

    カットしたメロンはラップで包み冷蔵庫へ。
    できるだけ早く食べきりましょう。


    モヤシ

    開封後は別の袋に入れ替えて保存してください。
    1~2日しかもちませんが、サッとゆでて密封容器に入れ、冷蔵室で保存すれば5日ほどは大丈夫です。
    冷凍保存という方法もあります。


    ヤマイモ

    新聞紙に包み、日の当たらない涼しい場所で保存します。
    冬場は長期保存できます。
    カットされたものはラップをして冷蔵庫へ。

    千切りやすりおろしたものは冷凍保存可能です。



    ラッカセイ


    ラッカセイはマメの仲間ですが、ほかのマメと違って土の中にできます。
    ラッカセイを漢字で書いた「落花生」とは、ちょうど花が落ちたところに実ができることから、この名前がつきました。
    ゆで落花生は、傷みやすいので当日中に食べきってください。
    残った物は、冷凍保存できます。
    スーパーでよく見かけるラッカセイは乾燥させたラッカセイを煎ったものです。

    練馬で新鮮なラッカセイが買える販売所はこちら




    レタス

    丸ごとの場合、ペーパータオルに包んでジッパーつき保存バッグに入れ、芯を下にして野菜室で保存します。
    ペーパータオルはレタスを取り出すたびに新しいものに変えましょう。
    水気をそのままにすると、かえって腐りやすくなることもあります。
    また手でちぎって、芯をくりぬいておくと腐りにくくなります。

    ポイント:金属に触れると変色するので、手でくり抜いて!

    練馬で新鮮なレタスが買える販売所はこちら



    練馬で新鮮なサニーレタスが買える販売所はこちら




    レンコン

    節のままだと冷蔵庫に入れなくても長持ちするレンコンですが、カットしてあるものは、傷みやすいものです。
    切り口にラップを密着させて野菜室に保存しましょう。

    切ったレンコンは、酢を数滴入れた水に漬けて冷蔵室で保存すれば、変色も防げます。

    皮を剥き、酢水で茹でて、ラップに包んで冷凍保存可能です。
  • facebookコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • PR

  • ログインステータス

    ログインしていません。
  • SNSログイン

    [loginbtm]
  • 会員メニュー

  • サイドメニュー

  • 今月販売の練馬野菜


  • だいこん丸の今日の夕飯何にする?

    今日のこんだてのヒント

    二日酔いに効く野菜の献立

    あー、飲みすぎた~ という日のレシピはダイコンを使った料理がオススメ!

    ダイコンには消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれていて、消化を促進し、胃酸をコントロールし、胃もたれや胸焼けを解消するんだよ。

    ジアスターゼは熱に弱いから、大根おろしにするのがオススメ!

    大根おろしを使ったメニュー:大根カレー、おろしうどん、しらすおろし、なめこおろし、しゃぶしゃぶ などなど

    今日の夕飯はお腹にも優しいダイコンたっぷりカレー今日の夕飯は二日酔いに効く野菜レシピ

     

     

     

     

    今日の夕飯は大根おろしをおかずに添えてみてはいかが!?

    お腹にもやさしいダイコンまるごとカレーのレシピはこちら

     

    2017年02月21日


    こんだてのヒントをもっと見る


  • FOOD ACTION NIPPON

    練馬の無人販売所マップを運営する(株)エリアスタは「FOOD ACTION NIPPON」推進パートナーに認定されています。

    FOOD ACTION NIPPON
  • 週間アクセスランキング

  • ツイッター


  • 練馬のだいこん丸ブログ

    練馬のだいこん丸ブログ
  • facebook

  • 情報をお寄せください

    練馬の販売所情報をお寄せください

  • このページの上へ